人気ブログランキング |

飼育係が水族館の見どころを紹介します。


by hcahimejiaqu

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

どんぐりの背比べ

 みなさん、こんにちは!

水族館の飼育係にとって、毎日魚の健康や飼育設備に異常がないか見るために行う見回り作業はとても大切な仕事の一つです。

ある日、いつものように水槽を見て回っているとこんな光景に出会いました072.gif

a0262716_20562632.jpg


本館の2階にある『砂地の生きもの』水槽のなかで『イトヒキハゼ』がとっても大きく口を開けているのです。

なにをしてるんかな?と見てみると、それは一匹ではありませんでした。
a0262716_2104727.jpg
a0262716_2112218.jpg

2匹が並んで大きく大きく、これでもかというほど口を開けていました。

さらに、2匹は口を開けたまま、ぐるぐると回りあっていました。

これはなにをしているのかというと、両方ともオスで、なわばり(自分の陣地)を主張しているんです。

イトヒキハゼは、口やヒレをピンと広げて競いあいます。そして、より体を大きく見せた方が、勝つようです。

彼らも『こっちのほうが大きいぞ!』 『いやいや、オレのほうが大きいぞ!』
と口を開けて背びれを立たせて少しでも体を大きく見せようとしているんですね。

でも、正直、僕から見れば、どちらも大して変わらないように見えちゃいました037.gif

本当にどんぐりの背比べですね。

それでも、彼らの競い合いは続きます。

『ヨネダ』
# by hcahimejiaqu | 2012-10-14 00:00 | 海のいきもの

カニのチカラ

突然ですが!!
みなさんは、カニに挟まれた経験はありますか?(・∀・)ノ
私たち、飼育係は仕事柄、いろんなカニに挟まれることが多いんです。
体の大きさの大小は、関係ありません。小さくてもしっかり痛いカニもいるんですよ(-ε-;)

そんなカニの中でも、絶対挟まれたくない、挟まれたら無事に済まないであろうことが想像できるカニ、“ノコギリガザミ”が今回の主役です。

a0262716_17514072.jpg


このカニ、先日市川の河口で取れたのですが、カニを見るたび、まず、この巨大なハサミに目がいってしまいます。
(挟まれたら絶対痛いよなー…気をつけよ!)と思っていた矢先、なんとこんな悲惨な事件がっっ!!(((’д’)キャー


普段、水槽の水を外へ流してくれる影の力持ちパイプさんが…。ある日....。

a0262716_181045.jpg


とうとう犠牲になってしまいました。
a0262716_17544693.jpg


あの大きなハサミでパイプさんをガジガジと。
ああ…絶対壊れた。ひどい(TдT)
ガジガジした後は、無残にもこんな破片が水槽の中に…

a0262716_18336.jpg


専用のカッターじゃないと切れないほど硬いのに・・・・。
こんなになってしまうとは。やっぱり、触らないようにしようっと!(>_<)

カニのチカラに衝撃を受けた日でした(^^;)


ヒロセ
# by hcahimejiaqu | 2012-10-12 00:24 | 海のいきもの

海のホタルはこう光る

 みなさん、こんにちは!

先日、ウミホタルの観察会について紹介しましたが、その時はウミホタルが光っているところを説明することができませんでしたね。

そこで、今回は、改めてウミホタルが光るところを紹介したいと思います。040.gif

さてさて、ウミホタルはどんな具合に光るのでしょうか?072.gif

これが,ウミホタルが光っているところです。
a0262716_13173696.jpg

少し分かりづらいでしょうか?

丸の中が光っています。
a0262716_13174667.jpg


暗くしてみましょう。よく分かりますね
a0262716_13175586.jpg


みなさん、昆虫のホタルはおしりが光るのをご存知ですよね。では、、ウミホタルはどこが光っているかご存知のですか?

おしり?頭?胸?口?どこだろう・・・・?039.gif


実はウミホタルは体の一部をを光らせているの訳ではないんですよ。005.gif

ホタルと同じような発光する物質を体から海中へブシュ!と出すことができるんです。
なんのためかというと敵に襲われたりした時に、目くらましに利用するちと言われています。

ですから、ウミホタルに刺激を与えると、やっぱり光るんです。僕たちも敵なんですね。
でも、目くらましで、楽しませてもらっています。

ウミホタル一匹一匹の光は意外と弱いものですが、たくさん集まるとウミホタル観察会でも紹介したような美しい風景になるんですね。

ウミホタルに感謝です。ウミホタルさんありがとう!016.gif

『ヨネダ』
# by hcahimejiaqu | 2012-10-11 00:00 | 海のいきもの

飼育係が見る水族館!

今日は、みなさんに面白い内容を紹介したいとます。

それは、飼育係から見た水族館の風景です。
いつも飼育係はお客線から見ていただいています。でも、逆にお客さんからは見えない、つまり飼育係しか見れない風景も多いんです006.gif

ちょっと、興味がわきました?
では、飼育係の気分になってみてくださいね!


今回は「ペンギン」を紹介しましょう。

まずは、みなさんから見たペンギンの餌やり風景です。はこんな感じだとおもいます。

a0262716_17255485.jpg


それでは。私たち飼育係の目線からみると・・・・

a0262716_1963694.jpg

こんな感じです。ペンギンが私をじーっと見つめていますね。うれしい!016.gif


a0262716_19102268.jpg

あれ?よくみると私じゃない?実は、エサのアジをじーっと見ているようですね。少しさびしい・・・。


私たちは、毎日の餌やりの時間にはこんな風な光景を見ているのですよ!
みなさんも少しは飼育係の気分になれましたか?
また、ちがう場所も紹介するので、楽しみにしていてくださいね。037.gif

おまけ

ペンギンたちのなかに交じって私もペンギンになった気分で写真を撮ってみました!

a0262716_1993445.jpg


a0262716_197548.jpg


けっこう迫力!
楽しんでいただけましたか?

(よしざと)
# by hcahimejiaqu | 2012-10-09 00:00 | 飼育係のお仕事

屋久島から…

ある日の午後・・・。

「ウミガメが網に入って保護しに行かなあかん。一緒に行こか?」
とベテラン飼育係から連絡がありました。

私にとって、野生のウミガメを見れるチャンスは滅多にありません。行かないわけには行きません!!早速準備を整え、ベテラン飼育係と現地へ向かいました。


現地に着くと、漁業者さんが待っておられ、早速、アカウミガメが運ばれてきた船に案内されました。
a0262716_2005169.jpg

飼育係みんな、思わず「おお!!デカっっ!!!Σ(@A@)」と声をそろえてしまいました。
このウミガメ、小豆島の沖で、漁網に絡まったところを救助されたそうです。大丈夫かな?

まずはウミガメの様子を注意深く観察します。
水を飲んだようですが、今は落ち着いています。

そこで、その間に甲羅の大きさや体重を量ることにしました。
a0262716_17565058.jpg

計測したところ、甲羅の長さ90㎝、体重115㎏という本当に立派なメスの成体でした。

そして、このアカウミガメの左の前ヒレにはタグと呼ばれる標識が付いていました。(写真もよーく見ると写ってます(^^;))
タグが付いている”という事は、どこかで一度捕獲された個体という事がわかります。これは、各水族館、研究者、ウミガメ協議会などが、ウミガメたちの生態を知るために協力して、捕獲したり、産卵のために上陸したウミガメにタグやマイクロチップを付ける活動をしているのです。これによって、近年、ウミガメが生まれた砂浜に帰ってくる習性があるようだとか、2年~4年に一度程度産卵するのではないかなどのことが、わかってきたんですよ。

ですから、捕獲されたウミガメは、必ず、タグやチップがないかを調べるんです。
a0262716_18205615.jpg

マイクロチップを探し中…… の画

この個体、ついているタグから昨年の夏に屋久島西岸のいなか浜で、産卵のため上陸したところを、タグを付けられたことが分かりました。

ということは、1年後に屋久島から瀬戸内海にやってきたんですね。どこをどうやってきたんだろう?
瀬戸内海には、何しに来たんだろう?不思議がいっぱいですね????

発見当時は、だいぶ弱っていたとのことなので、一旦、水族館に持ち帰り静養させることになりました。(・ω・)ゞ
a0262716_19543889.jpg

しんどいところ、かわいそうですが、暴れないように網にくるんで、カメを運びます。3人がかりで必死にプールに入っていただきました(((+д+;)重イ…


早く元気になってもらえるよう、皆さんも応援してくださいね p(^∀^)q


ヒロセ
# by hcahimejiaqu | 2012-10-08 00:45 | カメ

カテゴリ

全体
行事
海のいきもの
淡水のいきもの
ペンギン
カメ
ヌートリア
ビオトープ
飼育係のお仕事
ひめすいボランティア
水族館の秘密
両生類は虫類
今日の1枚
お知らせ
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

検索

最新の記事

お掃除!
at 2019-06-19 00:20
コブダイ
at 2019-06-15 00:00
飼育係の研修会に行ってきました
at 2019-06-14 18:00
カメの産卵を観察しよう!
at 2019-06-11 00:00
サケガシラ登場!
at 2019-06-07 00:00

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

動物園・水族館

画像一覧