飼育係が水族館の見どころを紹介します。


by hcahimejiaqu

画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:両生類は虫類( 74 )

アオダイショウ生まれました!

みなさん、こんにちは!
涼しい日が続いて気持ちが良いですね!
水族館では9月の上旬にアオダイショウの
赤ちゃんが生まれました!
a0262716_20390304.jpg
体長25㎝くらいで、思ってたより大きい赤ちゃんで
私はびっくりしてしまいました。笑

お母さんヘビと比べると、赤ちゃんの体には模様があります。
アオダイショウは毒を持っておらず、赤ちゃんの頃は
カラスやネコに襲われて食べられてしまいます。
そこで、見た目をマムシという毒蛇に似せることで
身を守っているんです。
a0262716_20472337.jpg
大人になると2mを超えるほど成長するので、
お母さんヘビには模様がありません。
お母さんと一緒の水槽に展示しているので、
ぜひ見比べてくださいね。

トクダ


by hcahimejiaqu | 2018-09-15 00:00 | 両生類は虫類

見つけられるでしょうか?

みなさん、こんにちは!
多くの学生さんたちは
夏休みが終わってしまいましたね。
水族館も夏休みが終わるとにぎわいが減ってしまい
寂しいです…
が、ゆっくり館内をご覧になれるチャンスです!
ぜひ水族館に足をのばしてみてくださいね。

今、私のおすすめは2018年の冬に産まれた
二ホンヒキガエルの子供です!
a0262716_15101679.jpg
常設展示の横に展示しているのですが、みなさん
どこにいるかわかりますか?
a0262716_15101050.jpg
画面中央、水入れの前に2匹ちょこんと
ならんでいました。
まだ体長3㎝程度なので、よく見ないと
気づかないかもしれません。

この水槽には4匹の稚ガエルがいます。
ぜひ、ゆっくりと探してみてくださいね!

台風が近づいているようなので、
みなさんお気をつけてお過ごしください。

トクダ


by hcahimejiaqu | 2018-09-04 00:00 | 両生類は虫類

過去最高記録~!!!

皆さん、こんにちは。
蒸し暑い梅雨空が続きます・・・。

私たちにとっては、なかなか過ごしにくい気候ですね。
ところが、そんなジメジメした気候を待ち望んでいる水族館の生きものがいます!

それが、川や池にすむ淡水ガメたちです。

当館では、毎年5月~7月にかけて産卵が見られるのですが、先日、ものすごい数の産卵が見られたのです!その数は、こちら・・・・

a0262716_15212955.jpg


なんとその数、

クサガメ14匹!!!
アカミミガメ12匹!!!

これはおそらく過去最高の数です!
どうして、その日に産卵が集中したのかは、はっきり分かりませんが、おそらく雨前のすごく蒸し暑い気候が影響していたと考えられます。

ちなみに、この掲示板、毎日更新されますので、チェックしてみてくださいね。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2018-07-01 10:00 | 両生類は虫類

卵、産んでます!その②クサガメ

皆さん、こんにちは!
今日から6月、梅雨の時期ですね。

さて、今日は、淡水ガメの産卵のようすについてご紹介したいと思います。
当館屋外の淡水カメ池では、今年も4月終わりから産卵が始まりました。

そして、ちょうどこの梅雨の時期は、産卵のラッシュの時期でもあります。
5月の終わりごろ、クサガメが10匹近くも、いっせいに産卵行動をとることがありました。

これだけの数の個体がまとまって産卵するのは、めったにありません!

a0262716_1943227.jpg


何匹もの母ガメが穴を掘っていますね。
すごい光景です!

a0262716_195376.jpg


こちらでは産卵が始まりました。
穴の中の白い物体がクサガメの卵です。

卵は細長いだ円形をしています。
1回の産卵で、おおよそ5~10個の卵を産みます。
産卵回数は1シーズンでおおよそ2~3回です。

この日は、どの母ガメも一生懸命に穴を掘って、卵を無事に産み終えました。
卵が無事にかえりますように・・・。

クサガメや淡水ガメの産卵は、7月終わりごろまで続きます。
ぜひ観察してみてくださいね!

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2018-06-01 00:00 | 両生類は虫類

毎年恒例カメの身体測定

みなさん、こんにちは。
暖かい日が続いていますね!
水族館では冬眠していた淡水カメたちが目覚め、
産卵を始めました!

約1ヶ月前になりますが、産卵が始まる前に
毎年淡水カメたちの身体測定を行なっております。
a0262716_21283767.jpg
体重や甲羅の大きさを測る作業は大変なので
毎年たくさんのボランティアさんがお手伝いをして下さいます。
a0262716_21283384.jpg
今年もボランティアさんたちのおかげで無事終えることができました!
いつも本当にありがとうございます!

たくさんのカメたちの中には40歳を超える大先輩のカメもいるのですが
お客様にもわかりやすくなればいいなと思い、
a0262716_21284119.jpg
ミシシッピアカミミガメの中で一番長生きの男の子に
黄色の●を背負ってもらいました!
今年で43歳以上のご長寿カメさんです。
ニホンイシガメやクサガメのご長寿さんもいるので
淡水カメプールにある解説板を見ながら探してみてくださいね!
a0262716_21404971.jpg

トクダ

by hcahimejiaqu | 2018-05-19 00:00 | 両生類は虫類

ヒキガエルの子ども

みなさん、こんにちは。
新館2階の両生類爬虫類コーナーに
ニホンヒキガエルの子どもを展示しました。
a0262716_20441857.jpg
こちらの可愛いニホンヒキガエル
以前ブログでご紹介したことのある子です。

冬に出会ったときより随分と大きくなりました!
春先に再び出会ったので、もううちの子にしちゃうで~と
展示することに。大切に育てていきます!
a0262716_20465857.jpg
落ち葉の下に隠れてじっとしていることが多いので
じっくり観察しながら姿を探してみてくださいね。

トクダ


by hcahimejiaqu | 2018-05-15 00:00 | 両生類は虫類

手が!

みなさん、こんにちは。
最近は春を通り越して
夏のような暑さですね。
熱中症などにお気を付け下さいね!

現在バックヤードでカエルのオタマジャクシについて
調べているところなのですが、
先日カエルへ変態途中のオタマジャクシを発見しました。
a0262716_23240437.jpg
よく見ると右前足しかまだ出ていないオタマジャクシがちらほら。

こちらの写真はニホンヒキガエルのオタマジャクシなのですが、
観察しているとみんな右前脚から生えてきていました!

何か法則があるのかと思い調べてみましたが、
左前脚から出るほうが一般的な説といわれていたり
よくわかりませんでした...

でも調べてみると何かあるかもしれませんね!
疑問に思ったことを調べてみなさんにお伝えできるよう
頑張ります!

トクダ

by hcahimejiaqu | 2018-04-23 00:00 | 両生類は虫類

畑のドジョウ

みなさん、こんにちは。
新館2階の両生類爬虫類コーナーに
畑ドジョウを展示しました!
a0262716_22005113.jpg
畑のドジョウとは…?となった方も
いらっしゃるかもしれません。
畑ドジョウとは、
a0262716_22004541.jpg
カスミサンショウウオという、西日本に生息している
小型のサンショウウオのことです。
水槽の中では写真のようにペチャっとしていて
可愛さがいまいち伝わりずらいですが
実物はそれはもうたまりませんよ!!
くりくりの目が可愛すぎるのです。

それはさておき、
何故畑ドジョウなのかというと諸説あるようです。
見た目が魚のドジョウに似ているからだとか
ドジョウと生活史が似ているからだとか
理由ははっきりしておりません!

ちなみに「畑ドジョウ」というのは地方名なので
地域によっては「ヤブドジョウ」や
「ヤマイモリ」と呼ばれていたようです。

里山を代表する生き物のひとつですが
今では絶滅危惧に指定されており
どんどん減ってしまっています。

サンショウウオといえば、
オオサンショウウオが注目されがちですが
残された生息地で懸命に生きている
小型のサンショウウオにも是非興味を
持っていただけると嬉しいです。

德田



by hcahimejiaqu | 2018-03-31 00:00 | 両生類は虫類

水族館で初めて産卵しました!

皆さん、こんにちは。
明日から4月ですね。
気持ちのいい季節です!

さて、姫路市立水族館では、展示していないカエルたちを冬の間、バックヤードで飼育しています。
そのカエルたちは、主に、展示の予備個体として飼育しているのですが、中には、産卵や繁殖を目的として飼育している場合もあります。

産卵目的で飼育しているのは、トノサマガエル、ナゴヤダルマガエル、ニホンアカガエル、ツチガエルです。これらのカエルは、どの水族館でもうまく繁殖できていないので、当館では繁殖に挑戦しているのです。

飼育施設はこんな感じです。

a0262716_1833127.jpg


黒い水槽がいくつも並んでいますね。
この中に、種類や産地ごとにカエルを飼育しています。

そして、ついに先日、ニホンアカガエルが当館で初めて産卵しました!!
ニホンアカガエルはこんなカエルです。

a0262716_1834361.jpg


産卵した個体は、去年の今頃に当館屋上のビオトープにやってきた個体です。
1年間飼育して、やっと、産卵してくれました。

これが、その卵塊です。

a0262716_1835398.jpg


ブドウの房状の卵ですね。
この卵はその後も順調に育っています。

ニホンアカガエルの繁殖は、全国の水族館でも1園館でしか繁殖できていません。
当館では、これから幼生(おたまじゃくし)をカエルになるまで、なんとか育てていきたいと考えています。

ご期待ください!

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2018-03-31 00:00 | 両生類は虫類

大きくなったかな?

みなさん、こんにちは。
姫水新館のの人気者といえば!
ケヅメリクガメのリクくんとゴンくんです。
と、私は思っています。

a0262716_15203836.jpg
そんな2頭の体重測定を先日行いました。
前回から増えているのか、減っているのか…
a0262716_15201719.jpg
ボランティアさんに協力していただき、
飼育係と一緒に部屋から体重計まで運び
いざ!増えているでしょうか?
a0262716_15202370.jpg
いつもいるお部屋から急に出されて
ちょっとご機嫌斜めのゴンくんです。
体重は51.96kgで前回昨年の4月より+0.54kg増えていました。

さてゴンくんより10kgほど重いリクくんは
どれくらい大きくなっているでしょうか?
a0262716_15203131.jpg
でーん!
リクくんはなんと63.40kgで前回より+2.16kgでした。
リクくん、まだまだ大きくなりそうですね。

これからも健康ですごしてもらえるように
頑張りたいと思います!

トクダ


by hcahimejiaqu | 2018-03-10 00:00 | 両生類は虫類

カテゴリ

全体
行事
海のいきもの
淡水のいきもの
ペンギン
カメ
ヌートリア
ビオトープ
飼育係のお仕事
ひめすいボランティア
水族館の秘密
両生類は虫類
今日の1枚
お知らせ
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

検索

最新の記事

映え~
at 2018-10-20 00:00
地下空間
at 2018-10-15 23:59
ハロウィン
at 2018-10-12 00:00
ハロウィン仕様に!
at 2018-10-10 00:00
色違い
at 2018-10-05 00:00

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

動物園・水族館

画像一覧