飼育係が水族館の見どころを紹介します。


by hcahimejiaqu

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:行事( 69 )

石の描かれた優雅な金魚を展示しています。

皆さん、こんにちは。
連日暑い日が続きます…。

さて、姫路市立水族館では現在、企画展「金魚始めました」を開催しています。
今回の企画展では、古くから親しまれてきた金魚と日本人のかかわりや、いろいろな金魚を展示、紹介しています。

その中で、石に金魚という形で「想い」「願い」を込めて作品を手掛ける金魚絵師、岩田明久氏の作品を展示しています。

a0262716_14591782.jpg


a0262716_1505669.jpg


a0262716_151615.jpg


石の上に描かれた金魚たちが今にも泳ぎだしそうです!

キャンパスの石は、三重県熊野市の海岸でひとつづつ手拾いによって採取されたものだそうです。
そこにアクリル絵の具で1匹ずつ丁寧に作品を仕上げていきます。

岩田明久さんは、「日本の金魚」という作品で国内外で幅広く活動されています。
8月11日(祝・金)には、新館2階の水族館ギャラリーで岩田明久さんによる公開制作を行います。

ぜひこの機会に、美しい作品を見に来てください!
作品は、新館2階の水族館ギャラリーで展示しています。(~9/3まで)

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-07-31 17:00 | 行事

サマースクール

先日、夏休み恒例のサマースクールを行いました!

小学生の皆さんが、目をキラキラさせて館内探検をしていましたよ!
a0262716_14292133.jpg
↑普段は見ることができない水槽


ウミガメの身体測定と甲羅掃除も頑張ってくれました(^^)
a0262716_15445873.jpg
ピカピカの甲羅を取り戻しましたよー!


小学生の皆さんから、「楽しかった!」という声が一番多く聞こえてきましたが、その次に多かった感想が「バックヤードって暑いー!」というものでした(笑)

お客様がいるスペースはクーラーが効いて涼しいんですが、バックヤードは空調がないので夏は暑いんです(^_^;)
楽しさだけでなく、ちょっとした大変さも感じてもらえました(笑)


いろんな生きものとふれあって、夏休みの思い出になったのではないかな~と思います♪
参加してくださった皆さんありがとうございました!


『かき』

by hcahimejiaqu | 2017-07-26 19:40 | 行事

カメの早朝産卵観察会

みなさん、こんにちは。
梅雨らしくない梅雨ですね。
暑い日々をみなさんどうお過ごしでしょうか。

さて、姫路市立水族館では毎年6月の毎週日曜日に
淡水カメの早朝産卵観察会を行っています。
先日の日曜日はたくさんのお客様に参加して頂きました。

a0262716_15362189.jpg


みなさん真剣にカメの産卵を観察し、

a0262716_15391006.jpg
実際に卵を掘り出し穴の深さや卵の触感を学んで頂きました。
a0262716_15442476.jpg
卵と一緒にとびきりの笑顔を見せてくれました!

ご参加してくださったみなさま
本当にありがとうございました。
今年の募集は終了しておりますが
興味のある方はぜひ来年度の
淡水カメ早朝産卵観察会にご参加お待ちしております。

トクダ





by hcahimejiaqu | 2017-06-19 00:00 | 行事

2017年度磯の観察会

みなさん、こんにちは。
今日はお天気も良く過ごしやすい1日でしたね。
姫路市立水族館では的形の磯で観察会がありました。
a0262716_17422726.jpg

たくさんのご参加ありがとうございました。

みなさん一生懸命生き物を探しており
小さな生き物を見逃すことなく
ゲットしておりました。
a0262716_17484521.jpg

子供の目は素晴らしいですね。

飼育係も一緒に生き物を探しましたよ。
a0262716_17495949.jpg

私が見つけたのはイシダタミと呼ばれる巻き貝です。
a0262716_17503020.jpg

貝の模様が石畳に見えることから名前が付いたと言われています。

a0262716_17514944.jpg

最後は見つけた生き物を集めて解説を行いました。
熱心に聞いてくださる方が多く
生き物に関心を寄せてくださる方が増えると
嬉しいですね。

トクダ
by hcahimejiaqu | 2017-05-27 18:00 | 行事

ゴールデンウィーク!

皆さん、ゴールデンウィーク楽しんでいますか?
ひめすいは多くのお客様で賑わっていますよ~♪

ここで連休中のイベントのお知らせです!
a0262716_1842755.jpg

3日・4日→こいのぼりの工作教室(10:30~12:00の間で20名限定)
5日→ボランティアさんによるハンドベル演奏会(ウミガメプールでエサやりショーのあと)
を開催します!

なんと5日は中学生以下のお客様は入館無料ですよ!
これは、ひめすいに来るしかない!!(笑)
皆さんのお越しをお待ちしてまーす\(^o^)/

『かき』
by hcahimejiaqu | 2017-05-03 00:00 | 行事

クイズ問題新しくなりました

皆様、こんにちは。
本館2階の体験コ-ナ-のクイズの問題が新しくなりました。
以前は、「動物の名前の水族クイズ」でしたが、今回は「目をみて探してみよう」に変わりました。
a0262716_9511046.jpg

水族館で、チャレンジしてみて下さい。
                                               【タダ】
by hcahimejiaqu | 2017-04-23 00:00 | 行事

企画展「漂着物ものがたり」あとわずかです!

皆さん、こんにちは。
年が明けて寒い日が続きます。

昨年12月23日から開催しています企画展「漂着物ものがたり」も、あとわずかの期間となりました。
今回は、企画展の展示会場のようすを少しご紹介したいと思います。

今回の企画展の主役は「漂着物」です。
そのほとんどは「ごみ」のようなものかもしれません。

でも、ひとつひとつには、いろいろな「ものがたり」があって、その「ものがたり」を皆さんにお伝えしたいと思いました。
会場にはピアノや波のBGMを流して、落ち着いた雰囲気で漂着物をご覧いただくことができます。

a0262716_15433284.jpg


会場の中央には、ロマン系漂着物と非ロマン系漂着物を並べています。

a0262716_15443228.jpg


これはロマン系漂着物のいろいろです。
人気のアニメシリーズのおもちゃも展示しています。

a0262716_15452414.jpg


おなじみのキャラクターもありますね。

a0262716_154605.jpg


これは、北海道で拾われたガラス玉の数々です。
めったに見られない貴重なものです。

a0262716_1547163.jpg


会場奥には、オレンジ色のプラスチック浮きとライターを材料にした造形物を展示しています。

a0262716_15485477.jpg

a0262716_1549445.jpg


なかなかいい感じに仕上がったと思います!

a0262716_15494291.jpg


これは、海ごみ問題に関するパネルや展示物のようすです。
海ごみ問題に取り組むJEAN様からお借りしたものです。

a0262716_155132.jpg


そして、これは今回の企画展のポスターのモデルとなった大きなガラス玉の展示のようすです。
実際にご覧いただくと、表面の凹凸や緑がかった色合いがとてもきれいです。

a0262716_15522132.jpg


実際に漂着したココヤシを山積みにした展示もあります。
私はココヤシを北海道で拾ったこともあります。
海流に乗ってはるか南の海から「どんぶらこ・・・」と運ばれてくるんですね。

a0262716_15543486.jpg


実際の砂浜を再現した展示では、カマキリの卵やサメの卵殻などの変わった漂着物も展示しています。
海藻の香りを体験することもできます。

さあ、いかがでしたか?

企画展「漂着物ものがたり」は1月30日(月)までとなっています。
まだご覧になられていない方、ぜひ見に来ていただきたいと思います。
漂着物たちが皆さんをお待ちしています。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-01-24 18:00 | 行事

「漂着物ものがたり」 砂浜の環境編

みなさん、こんにちは。
新しい年となり、企画展「漂着物ものがたり」も残すところあと3週間ほどとなりました。

さて、今回は「漂着物ものがたり」の最後として、砂浜の環境について、漂着物からお話させていただきます。

a0262716_15323575.jpg


ここまで、漂着物には、ロマン系や非ロマン系のものがあることや、海流に乗ってやってくる生きもの、海流に乗って種を散布する植物、深刻な海ごみの問題などについてお話させていただきました。

では、打ち上がった漂着物は、その後、どうなるのでしょうか?
海ごみとして捨てられることもあるでしょう。
中にはビーチコーマーによって拾われるものもあるでしょう。

でも、漂着物はただ打ち上がってそのまま、という訳ではないのです。

例えば、春先や台風の後に砂浜を歩くと、海藻がたくさん打ち上げられています。

a0262716_15381838.jpg


この海藻はどうなるのかというと、実は、砂浜のいろんな生きものたちに利用されるのです。

a0262716_15391053.jpg

a0262716_15392087.jpg


これは、打ち上がった海藻に群がる、ハマダンゴムシという生きものです。
砂浜のダンゴムシですね。

ハマダンゴムシは、海藻が大好きで、一晩で全部食べてしまうこともあります。

こうして海の生きものの体に取り込まれた海藻は、やがて彼らの排泄物となって砂浜に戻ります。
その栄養は、その後、砂浜に生える植物たちに利用されます。

打ち上げ海藻が、砂浜の植物たち(海浜植物といいます)の貴重な栄養源となっているのです。

ここで、きれいな花を咲かせる海浜植物をご紹介しましょう。

a0262716_15432713.jpg

これは、ハマヒルガオです。
紫色の花はとてもきれいですね。

a0262716_15441668.jpg

これは、ハマベノギクです。
キク科の植物でたくさんの花を咲かせます。

a0262716_15451680.jpg

これは、コウボウムギです。
砂浜の最前線にたくさん生えています。

a0262716_15461676.jpg

これは、ネコノシタです。
名前の由来は、葉の表面がざらざらしていて、ちょうどネコの舌ざわりのようなところからです。
面白い名前ですね。

このような海浜植物たちは、実は砂浜環境で大切な役割をもっています。
海浜植物は砂浜の深くに根を下ろして砂浜を安定化させているのです。
また、葉は強風で飛んできた砂をキャッチして、砂を安定化させるのです。

a0262716_15513440.jpg

これは、ネコノシタが飛んできた砂をキャッチしているようすです。

海浜植物が生えることによって砂浜の環境が安定し、発達して砂丘となっていくのです。

a0262716_15525034.jpg


さらに砂丘は、昆虫などのたくさんの生きものがすむすみか(ビオトープ)ともなります。

打ち上げられた海藻や生きものが、砂浜の環境で大切な役割を持っていることは、あまり知られていませんが、そういった角度から漂着物を観察してみると、また違ったように見えてくるかもしれませんね。

ただいま開催中の企画展「漂着物ものがたり」では、砂浜の環境についてもパネルで紹介しています。
ぜひご来館ください。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-01-09 10:00 | 行事

「漂着物ものがたり」漂着する生きもの(自然物)編

皆さん、こんにちは。

クリスマスも過ぎ、今年もあとわずかとなりました。
当館では、12月23日より、企画展「漂着物ものがたり」が始まりました。

「漂着物」と聞くと、まずゴミというイメージが強いようで、会場をご覧になった方々からは、
「へー」「ほんまに!?」「これ、あるある!」
というようなお声が聞かれます。

さて、今回は「漂着物ものがたり」シリーズ3回目です。
今回は、砂浜に打ち上がる植物の果実や生きものについてご紹介します。

砂浜にはいろんな植物の種が打ち上がります。
その中でも代表的なものは、ココヤシ(ヤシの実)でしょう。

a0262716_1529278.jpg


ココヤシは東南アジアの海辺に生える木ですが、その果実が、海を渡って日本まで流れ着きます。
その果実の断面を見てみると・・・

a0262716_15304314.jpg


内側に厚い繊維質の層があるのが分かります。
これで、海に沈むことなく、どんぶら、どんぶら、いろいろな場所に流れ着くという訳です。
自分の種をできるだけいろんな場所にまきちらすための植物の知恵ですね。

このような植物のことを「海流散布植物」といい、日本の砂浜には、これ以外にも、いろんな果実がはるか南の海から流されてきています。

ちなみに、ココヤシの一番内側の殻はとても硬くて、写真のようにココヤシを切るのに大人3人で30分以上かかりました(笑)。ほんとうに硬かった!

a0262716_15344399.jpg


これは、ゴバンノアシといいます。
ちょうど碁盤の脚の部分に似ているのでこの名前があります。
面白い名前ですね。

a0262716_15453735.jpg


これは、モダマという植物の種子です。
海藻とよくいっしょに漂着することから、「藻玉(もだま」と漢字では書きます。

次に、いろいろな生きものを紹介します。

a0262716_153711.jpg


これは、ハリセンボンの大量漂着のようすです。
冬の日本海では、寒さに凍えて衰弱した生きものが打ち上がることがあります。
このような漂着を「冬期漂着」とか「無効分散」と呼んでいます。

a0262716_15382267.jpg


これは、アオイガイというタコの仲間です。
アオイガイはメスだけが産卵のために殻を自分で作ります。
殻が薄い紙のようでとてもきれいな模様をしていますね。

アオイガイは、最近では北海道まで流れ着くことがあり、海水温度の上昇が原因のひとつとも言われています。

a0262716_1540961.jpg


サメが打ち上がることもあるんですね。
見つけたときはちょっと驚きました。

これ以外にも、大雨の後は、川から流されてきたシカ、タヌキ、淡水ガメ、とコイなどが漂着することもあります。

打ち上がる生きものは、そのほとんどの場合、息絶えています。
しかし、そのひとつひとつを見てみると、彼らの生態や海の環境などについて知ることができるのです。

今回の企画展では、このような漂着した生きものも展示しています。
ぜひご覧いただきたいと思います。

次回は砂浜の生態系についてご紹介したいと思います。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2016-12-26 00:00 | 行事

クリスマス

ハッピーメーリークリスマス!
今日はクリスマスですね!
姫水ではボランティアさん主催の
クリスマスイベントが開催されました。
a0262716_17541190.jpg

じゃんけん大会では参加してくださったみなさまに
サンタさんからプレゼントがありました。
a0262716_17555430.jpg

最後まで勝利したお友達には豪華なプレゼントも!
みなさんじゃんけんに夢中になっていましたね。

そしてトーンチャイムという楽器をつかった演奏会では
クリスマスにぴったりの曲を聞くことができました!
ブログでは音色をお伝えすることができなくて
くやしいですが、その素敵な音色にうっとりとした方も
多いのではないでしょうか。

a0262716_1759198.jpg

姫水のクリスマスに参加してくださったお客様、
そして素敵なクリスマス会を用意して下さったボランティアの方々、
本当にありがとうございました!

トクダ
by hcahimejiaqu | 2016-12-25 18:04 | 行事

カテゴリ

全体
行事
海のいきもの
淡水のいきもの
ペンギン
カメ
ヌートリア
ビオトープ
飼育係のお仕事
ひめすいボランティア
水族館の秘密
両生類は虫類
今日の1枚
お知らせ
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

検索

最新の記事

ハナビラクマノミを展示しました
at 2017-08-18 00:00
大盛況
at 2017-08-16 10:10
出すときは出しちゃうよ?
at 2017-08-14 00:00
何匹隠れてる?
at 2017-08-13 12:52
リクの大好物!
at 2017-08-13 00:00

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

動物園・水族館

画像一覧