飼育係が水族館の見どころを紹介します。


by hcahimejiaqu

画像一覧

カテゴリ:淡水のいきもの( 102 )

田んぼの草取り虫

みなさん、こんにちは。
梅雨時期に入り毎日じめじめしていますね。

今日ご紹介するのは・・・
a0262716_13444990.jpg
カブトエビという生きものです。
田植え直後の水を張った田んぼを覗いてみると、カブトエビが観察できます。
カブトエビは、何年も泥の中で生きていける耐久卵という卵で過ごすことが出来ます。
そして、田んぼに水が入ると一斉にふ化します。
カブトエビは、田植え直後に生える草をよく食べるため、田の草取り虫と呼ばれています。
現在、新館1階の田んぼ水槽で展示をしています。泥をせっせとかき分けているので探してみてください。

ヨシダ



by hcahimejiaqu | 2017-06-18 15:41 | 淡水のいきもの

赤ちゃんクルクルしています!

皆さん、こんにちは。
暑い季節になりました。

水族館の生きものたちは今、まさに産卵のシーズンを迎えています!
その中で、今回ご紹介するのは・・・
「カワヒガイ」
という淡水魚です。

a0262716_1523346.jpg


カワヒガイは川の中流付近にすんでいます。
近年は数が減り、希少な淡水魚となっています。

当館では、過去に全国の水族館で初めてカワヒガイの人工繁殖に成功しました。
今年は親の状態もよく、たくさんの卵を産ませることができました。

a0262716_15431677.jpg


たくさんの卵がありますね。
卵の中には、もう赤ちゃんがクルクル動いています!
見えますか?
眼もできていますね!

当館では今年、たくさんの稚魚がふ化しました。
卵は展示していませんが、カワヒガイは新館2階の希少淡水魚コーナーで展示しています。

ぜひご覧ください。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-05-29 10:00 | 淡水のいきもの

春の田んぼ

みなさん、こんにちは101.png
すっかり日差しが強くなってきましたね。
a0262716_19144201.jpg
というわけで、新館1階の田んぼ水槽も春の仕様になっております。
田んぼ水槽を探してみるとニホンアカガエルやドジョウが隠れていますよ165.png
是非一度お越しください。

ヨシダ

by hcahimejiaqu | 2017-05-27 20:14 | 淡水のいきもの

死んでません

みなさん、こんにちは。
今日は運動会や体育大会の方が
多かったのではないでしょうか?
水族館の周りでもにぎやかな音楽と応援の声が響いており
聞いていた私も楽しい気持ちになりました。

さてブログのタイトルがなんだか物騒ですが
なんのことかというと…
a0262716_17435658.jpg

アフリカツメガエルという水中に住む
カエルの仲間のお話です。
名前の通りアフリカに住んでおり
指には立派な爪のようなものを
持っているのです。
(角質層が爪状になったものです)
a0262716_1814010.jpg

指先の黒い部分見えるでしょうか?
立派ですよね!
全部の指にこの黒い爪のようなものが
付いているのではなく、
3本の指先にしかありません。

こちらのアフリカツメガエル、とっても可愛らしい顔をしているのですが
あまりにも動かないのでお客様に
「このカエル死んでるやん!」
とよく言われています…
でもけっして死んでいる訳ではありません。
ちゃんと生きています!
呼吸をするときや餌を食べる時
のそのそと動き出しますので
お時間ある方はゆっくりと観察してみてくださいね。

トクダ
by hcahimejiaqu | 2017-05-20 18:15 | 淡水のいきもの

成長しました!

みなさん、こんにちは

すっかり暑くなってきましたね。
今日は以前の話の続報です。
2ヶ月前にオヤニラミのふ化の話をしました。
その後オヤニラミの仔魚はどうなったんでしょう。
a0262716_18163300.jpg
a0262716_18164900.jpg
どうでしょうか?
全長1.5cmほどに成長し、親と同じような体型になりました101.png
顔の周りに模様も入り、すっかり“オヤニラミ”になったという感じます。
このまま順調に大きく成長させ、みなさまにお見せしたいと思っています!

ヨシダ





by hcahimejiaqu | 2017-05-13 19:14 | 淡水のいきもの

どんどん変身しますよ~!

皆さん、こんにちは。
当館屋上のビオトープにもトンボがやってくるようになりました。
いよいよ生きものでにぎやかな季節がやってきます。

当館の屋内の水槽では、クロスジギンヤンマ(ギンヤンマの仲間)のヤゴ(幼虫)を展示しています。
a0262716_17382590.jpg


そのヤゴたちが、最近、どんどん変身してしまうんです!
こんな感じで・・・・。

a0262716_17363584.jpg


これは、変身したあとの抜け殻ですね。
変身というのは、ヤゴがトンボになる「羽化」という現象のことです(笑)。
トンボになる途中の、美しい写真を紹介したかったのですが、ちょっと今回は撮れていません・・・。。

水面に突き出たヨシの茎にどんどん登って、最近ではほぼ毎日トンボになっています。

さて、羽化したトンボはどこに行くのかというと、実は、館内を飛び回っているのです!
もちろん、見つけたらつかまえて、外に逃がしています。

ヤゴは新館2階の身近な生きものコーナーで展示しています。
抜け殻にもぜひご注目くださいね。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-05-11 10:00 | 淡水のいきもの

タガメたち、おはよう~!

皆さん、こんにちは。
4月も下旬に入り、あっという間に桜の季節も過ぎてしましました・・・。

さて、当館で飼育しているタガメやアメンボなどの水生昆虫は、冬の間、どうしていたのでしょうか?
実は、12月頃から、ミズゴケなどの中に潜って冬越しさせていたのです。

そして、3月30日の暖かい日、ようやく長い冬を越したタガメたちを目覚めさせることにしました。

a0262716_15583354.jpg


こんな感じで、ミズゴケの中にタガメたちがゴソゴソとしています。
まだ動きがにぶくて、眠たそうですね。
ちなみに、ここにいるタガメたちは、昨年の夏に当館で繁殖させた個体たちなのです。

a0262716_15595231.jpg


この個体は大きな前足を構えて、すっかり目覚めているみたいです。
「タガメたち、おはよう~!」

a0262716_1602470.jpg


タガメをそっと手でつかんで、飼育用の水槽に移していきます。

a0262716_161554.jpg


タガメは共食いすることがあるので、このように個室になった飼育水槽で飼育するのです。

この数日後には、餌のキンギョを食べ始めました。
これからたくさん餌を食べて、6月頃には繁殖を迎える予定です。

タガメの成虫は年中、新館2階の水生昆虫コーナーで展示しています。
ぜひ見に来てください!

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-04-22 00:00 | 淡水のいきもの

絶賛ふ化中

みなさん、こんにちは018.gif

新館のバックヤードでオヤニラミが産卵をしました。
a0262716_17485006.jpg

水槽内で立ち上げているパイプに、びっしりと二列に産みました。
本来は、水生植物の茎や流木などに産卵しますが、水槽内では流木を入れていても、
パイプを選んで産みます!
a0262716_17484181.jpg
そして、産卵した後は、卵の前でオス親が保護しながら、胸鰭で新鮮な水流を送ります。
まさにイクメンですね003.gif
a0262716_18165734.jpg
これは、産卵後2週間ほど経過したところです。
卵から尾部が出ているのが分かりますか?まさに今出ようとしています!
a0262716_18193087.jpg
ふ化したばかりのオヤニラミ!049.gif
親とは体形が全く違います。
まだ、お腹には卵黄が付いており、ヒレの発達が未熟で速く泳げません。
成長して、みなさんの前に展示する日が楽しみです。

ヨシダ







by hcahimejiaqu | 2017-03-11 19:01 | 淡水のいきもの

春のあしおと

みなさん、こんにちは018.gif
ようやく少し暖かい日も増えてきましたね。
もうすぐ訪れる春を感じます。
そこで、今日は春の七草について書きたいと思います。

春の七草とは、
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)のことを言います。
昔から、春の七草はお正月過ぎに七草粥として食べる風習があり、
また、短歌にも登場することから日本人となじみが深い植物です。
七草粥を食べたことがある方も多いことでしょう003.gif
a0262716_15044964.jpg
散歩や通勤の途中などで探してみると見つかるかもしれませんよ。

ヨシダ

by hcahimejiaqu | 2017-03-04 17:00 | 淡水のいきもの

そっくりだけど違うお魚

みなさん、こんにちは。
今日ご紹介するのは淡水魚の中では
フナやコイなどについで
この辺りの川でよく目にするお魚です。
その名は…
a0262716_17532542.jpg

カワムツです。
西日本の河川中上流域で採集するとよく目にする
このカワムツというお魚は『ハヤ』や『ムツ』などと
呼ばれており、知っている方も多いのではないでしょうか?

実はこのカワムツにそっくりなお魚がいるんです。
その名も…
a0262716_17533515.jpg

ヌマムツと言います。
ヌマムツは西日本の河川などで見かけますが、
カワムツよりは少ないです。
ぱっと見、どこが違うの?
と思われる方がほとんどだと思います。
それもそのはず、このヌマムツというお魚は
少し前までカワムツと同種だと思われていました。

しかし研究が進む中で、違うお魚だとわかったのです。
写真を見比べて頂くとヌマムツの方が顔がシュッとしていて
鱗も細かいのできらきらと輝いて見えます!
カワムツとヌマムツ、似ているけれど違うお魚を
見分けられるようになると魚を見ているのが
楽しくなります。
カワムツもヌマムツも新館1階の水槽に展示しております。
ぜひみなさんも図鑑を片手に
水槽の前で魚を見比べてみてくださいね。

トクダ
by hcahimejiaqu | 2017-02-21 00:00 | 淡水のいきもの

カテゴリ

全体
行事
海のいきもの
淡水のいきもの
ペンギン
カメ
ヌートリア
ビオトープ
飼育係のお仕事
ひめすいボランティア
水族館の秘密
両生類は虫類
今日の1枚
お知らせ
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

検索

最新の記事

潮よコイコイ2
at 2017-06-24 00:00
トビハゼ、リベンジ!
at 2017-06-21 14:49
七夕
at 2017-06-20 00:00
お休みモード!
at 2017-06-19 12:40
カメの早朝産卵観察会
at 2017-06-19 00:00

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

動物園・水族館

画像一覧