飼育係が水族館の見どころを紹介します。


by hcahimejiaqu

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:淡水のいきもの( 106 )

金魚すくい

みなさん、こんにちは。
台風が近づいていますね。
どうぞお気をつけてお過ごしください。

さて、以前ブログでもご紹介しましたが、
水族館では夏期企画展で金魚展を開催しております。

企画展では新館2階奥の第一会場にて
おもちゃ金魚すくいをお子様限定で
体験していただけます。
a0262716_17464486.jpg
今日もたくさんの方がおもちゃ金魚すくいに挑戦してくれました。
大きい金魚や小さな出目金など金魚の種類はいろいろ!
a0262716_17465295.jpg
みなさん真剣です!
ポイが少し破れようとも負けません。
角度を変えて再挑戦してくれました。
a0262716_17465945.jpg
お兄ちゃんと一緒に挑戦してたくさん金魚をすくえましたね!
きりっとかっこいい表情ですくった金魚を見せてくれました!

おもちゃ金魚すくいは1日2回
11時~12時、14時~15時に開催しております。
9月3日までのキンギョ展に
ぜひみなさん遊びに来てくださいね。

トクダ

by hcahimejiaqu | 2017-08-06 00:00 | 淡水のいきもの

ゲンゴロウの蛹!

皆さん、こんにちは。
いよいよ8月に入り夏本番です!

水族館では、この時期になるといろいろな生きものたちが誕生します。
その中でも、今日ご紹介するのは、ゲンゴロウです。

当館では、野外で数が少なくなった水生昆虫の繁殖に取り組んでいます。
7月には、5月~6月にふ化したゲンゴロウの幼虫が次々と蛹になり、一部は羽化して新成虫が誕生しています。

ゲンゴロウは、カブトムシと同じように、幼虫と成虫の形がまったく違っています。
完全変態、というのですが、まさに「変身」です。

今、新館2階では、このゲンゴロウの蛹を展示しています。

a0262716_15201331.jpg

a0262716_15204384.jpg


タイミングが良ければ、蛹から新成虫が誕生する瞬間を見られるかもしれません。
なかなか見ることのできない蛹をぜひ見に来てください!

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-08-01 10:00 | 淡水のいきもの

金魚展開催中!

みなさん こんにちは!101.png

ますます暑い日が続きますが、夏バテせずに乗り切りたいものです。

現在、当館では7月15日から9月3日まで、企画展「金魚始めました」を開催しております。
企画展の会場は、新館2階奥の第1会場と本館企画展示室の第2会場があります。お越しの際は、是非2会場ともご覧になって下さい。
本館企画展室に行く通路には、ボランティアさんが作って下さった金魚ちょうちんが並んでおります。
a0262716_22155894.jpg
a0262716_00144223.jpg
みごとな出来栄えです!
金魚ちょうちんを抜けた先に会場がありますので、是非ご覧下さい。

ヨシダ


by hcahimejiaqu | 2017-07-30 00:09 | 淡水のいきもの

田んぼのハンターのイクメン!?

皆さん、こんにちは。
梅雨に入りましたね。

今日ご紹介するのは、田んぼのハンター「タガメ」です!

タガメといえば、水生昆虫の中で一番大きな種類です。
昔は比較的普通に見られたそうですが、今では絶滅の危機にあり、兵庫県でも限られた場所にしか見られなくなっています。

当館では毎年タガメを繁殖させて、展示する個体を育てています。
今年も5月27日に産卵が始まりました。

卵は水面から突き出た木の杭や水草の茎に産み付けられます。
そして、タガメの特徴は、オスが卵を守り育てる「イクメン」ぶりです!

オスは卵を外敵から守るだけではないんです。
自分の体に付いた水を、卵塊におおいかぶさり、口の部分から水を卵塊に給水するんです。

a0262716_17573328.jpg


今、オスが卵を守っています。

こうして保護された卵は約10日間でふ化します。

タガメのイクメンの様子は、新館2階で展示しています。
是非見に来てください!

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-06-26 10:00 | 淡水のいきもの

田んぼの草取り虫

みなさん、こんにちは。
梅雨時期に入り毎日じめじめしていますね。

今日ご紹介するのは・・・
a0262716_13444990.jpg
カブトエビという生きものです。
田植え直後の水を張った田んぼを覗いてみると、カブトエビが観察できます。
カブトエビは、何年も泥の中で生きていける耐久卵という卵で過ごすことが出来ます。
そして、田んぼに水が入ると一斉にふ化します。
カブトエビは、田植え直後に生える草をよく食べるため、田の草取り虫と呼ばれています。
現在、新館1階の田んぼ水槽で展示をしています。泥をせっせとかき分けているので探してみてください。

ヨシダ



by hcahimejiaqu | 2017-06-18 15:41 | 淡水のいきもの

赤ちゃんクルクルしています!

皆さん、こんにちは。
暑い季節になりました。

水族館の生きものたちは今、まさに産卵のシーズンを迎えています!
その中で、今回ご紹介するのは・・・
「カワヒガイ」
という淡水魚です。

a0262716_1523346.jpg


カワヒガイは川の中流付近にすんでいます。
近年は数が減り、希少な淡水魚となっています。

当館では、過去に全国の水族館で初めてカワヒガイの人工繁殖に成功しました。
今年は親の状態もよく、たくさんの卵を産ませることができました。

a0262716_15431677.jpg


たくさんの卵がありますね。
卵の中には、もう赤ちゃんがクルクル動いています!
見えますか?
眼もできていますね!

当館では今年、たくさんの稚魚がふ化しました。
卵は展示していませんが、カワヒガイは新館2階の希少淡水魚コーナーで展示しています。

ぜひご覧ください。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-05-29 10:00 | 淡水のいきもの

春の田んぼ

みなさん、こんにちは101.png
すっかり日差しが強くなってきましたね。
a0262716_19144201.jpg
というわけで、新館1階の田んぼ水槽も春の仕様になっております。
田んぼ水槽を探してみるとニホンアカガエルやドジョウが隠れていますよ165.png
是非一度お越しください。

ヨシダ

by hcahimejiaqu | 2017-05-27 20:14 | 淡水のいきもの

死んでません

みなさん、こんにちは。
今日は運動会や体育大会の方が
多かったのではないでしょうか?
水族館の周りでもにぎやかな音楽と応援の声が響いており
聞いていた私も楽しい気持ちになりました。

さてブログのタイトルがなんだか物騒ですが
なんのことかというと…
a0262716_17435658.jpg

アフリカツメガエルという水中に住む
カエルの仲間のお話です。
名前の通りアフリカに住んでおり
指には立派な爪のようなものを
持っているのです。
(角質層が爪状になったものです)
a0262716_1814010.jpg

指先の黒い部分見えるでしょうか?
立派ですよね!
全部の指にこの黒い爪のようなものが
付いているのではなく、
3本の指先にしかありません。

こちらのアフリカツメガエル、とっても可愛らしい顔をしているのですが
あまりにも動かないのでお客様に
「このカエル死んでるやん!」
とよく言われています…
でもけっして死んでいる訳ではありません。
ちゃんと生きています!
呼吸をするときや餌を食べる時
のそのそと動き出しますので
お時間ある方はゆっくりと観察してみてくださいね。

トクダ
by hcahimejiaqu | 2017-05-20 18:15 | 淡水のいきもの

成長しました!

みなさん、こんにちは

すっかり暑くなってきましたね。
今日は以前の話の続報です。
2ヶ月前にオヤニラミのふ化の話をしました。
その後オヤニラミの仔魚はどうなったんでしょう。
a0262716_18163300.jpg
a0262716_18164900.jpg
どうでしょうか?
全長1.5cmほどに成長し、親と同じような体型になりました101.png
顔の周りに模様も入り、すっかり“オヤニラミ”になったという感じます。
このまま順調に大きく成長させ、みなさまにお見せしたいと思っています!

ヨシダ





by hcahimejiaqu | 2017-05-13 19:14 | 淡水のいきもの

どんどん変身しますよ~!

皆さん、こんにちは。
当館屋上のビオトープにもトンボがやってくるようになりました。
いよいよ生きものでにぎやかな季節がやってきます。

当館の屋内の水槽では、クロスジギンヤンマ(ギンヤンマの仲間)のヤゴ(幼虫)を展示しています。
a0262716_17382590.jpg


そのヤゴたちが、最近、どんどん変身してしまうんです!
こんな感じで・・・・。

a0262716_17363584.jpg


これは、変身したあとの抜け殻ですね。
変身というのは、ヤゴがトンボになる「羽化」という現象のことです(笑)。
トンボになる途中の、美しい写真を紹介したかったのですが、ちょっと今回は撮れていません・・・。。

水面に突き出たヨシの茎にどんどん登って、最近ではほぼ毎日トンボになっています。

さて、羽化したトンボはどこに行くのかというと、実は、館内を飛び回っているのです!
もちろん、見つけたらつかまえて、外に逃がしています。

ヤゴは新館2階の身近な生きものコーナーで展示しています。
抜け殻にもぜひご注目くださいね。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-05-11 10:00 | 淡水のいきもの

カテゴリ

全体
行事
海のいきもの
淡水のいきもの
ペンギン
カメ
ヌートリア
ビオトープ
飼育係のお仕事
ひめすいボランティア
水族館の秘密
両生類は虫類
今日の1枚
お知らせ
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

検索

最新の記事

ハナビラクマノミを展示しました
at 2017-08-18 00:00
大盛況
at 2017-08-16 10:10
出すときは出しちゃうよ?
at 2017-08-14 00:00
何匹隠れてる?
at 2017-08-13 12:52
リクの大好物!
at 2017-08-13 00:00

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

動物園・水族館

画像一覧