飼育係が水族館の見どころを紹介します。


by hcahimejiaqu

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 61 )

ぱかっと!

みなさん、こんにちは。
先日ビオトープのヒガンバナを
ご紹介しました。
が!最近ビオトープでは
ヒガンバナ以上に目立っている植物がいます。
それは...こちら!
a0262716_15530646.jpg
みなさんお気づきでしょうか?
写真の右下辺りで繁茂しているツルたちに。
a0262716_15532000.jpg
田んぼビオトープの手すりを覆ってしまっています。
この植物は『ゴキヅル』という名前です。
川やため池といった水辺の周りに生える植物です。
a0262716_15533075.jpg
とても小さくて白い花を咲かせます。
ほんのりといい匂いもしますよ!
名前の『ゴキ』は漢字で『合器』と表します。
合器とは蓋のあるお椀のことを指し、
実がその蓋つきのお椀のように見えることから
ゴキヅルと名付けられたそうです。
a0262716_15534696.jpg
こちらが実の写真です。
実の中央に線があり、熟すとこの線で2つにぱかっと割れて
種が中から出てきます。
お椀から蓋を開けると中からおいしそうな
お味噌汁が出てくる感じです!(ちょっと違いますかね)
まだ花も実もご覧になれますので
ぜひ近くで観察してみてくださいね。

トクダ

by hcahimejiaqu | 2017-09-30 00:00

秋の水辺の草花たち

みなさん、こんにちは。
姫水では秋に見ることのできる
水辺の草花を新館1階にて展示しております。
a0262716_15423501.jpg
今回は別の植物に寄生する植物を展示しております。
a0262716_15424211.jpg
こちらのナンバンギセルは淡い紫色の花を咲かせます。
イネ科の植物の根に寄生するという、面白い生態です。
写真ではつぼみですが、先日花を咲かせていたので
ぜひいらしたときには観察して見てくださいね。

トクダ


by hcahimejiaqu | 2017-09-28 00:00

コブヒトデ展示しました!


皆さん、こんにちは‼︎
8月も残り約2週間になりました!早いです105.png

今日は、新しく無脊椎の水槽に展示したコブヒトデを紹介したいと思います。

皆さんもよく見たことがあるイトマキヒトデよりも、約10cmほど大きい種類です。

a0262716_09311363.jpg

本館1階の無脊椎のコーナーに展示していますので、ぜひ、観に来て下さい‼︎タッチプールでは、イトマキヒトデが触れますので、ぜひ見くらべてみてください!!

[ワタナベ]







by hcahimejiaqu | 2017-08-20 18:56

夏といえば…

みなさん、こんにちは。
突然ですが、みなさんは夏と言えば
何を思い浮かべますか?
夏といえば…
ひまわりを思い浮かべる方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

姫路市立水族館の立体駐車場から入り口へ向かう連絡通路を歩くと
今こんな景色を見ることができるんです。
a0262716_17561290.jpg
このひまわりたちは水族館の設備を担当してくれている方々が
春から準備して育ててくれていたんです。
a0262716_17571787.jpg
とっても綺麗ですよね!
大きな花を咲かせてくれています。
まだ梅雨はあけていませんが
夏の先取り気分をみなさんも味わってみてくださいね。

トクダ


by hcahimejiaqu | 2017-06-25 00:00

お花見日和です

みなさん、こんにちは。
最近暖かくて気持ちがいいですね。
屋上ビオトープでは今年も
桜が見頃を迎えております。
a0262716_12441362.jpg

連日の雨にも負けまず、
咲き誇っています。

屋上のビオトープで桜を見ながら
お昼ごはんを食べることもできますよ。

この辺りでは今週いっぱいが
見頃かと思いますので
ぜひ足を運んで下さいね。

トクダ
by hcahimejiaqu | 2017-04-13 13:00

漂着物コーナーが新しくなりました!

皆さん、こんにちは。
3月も中旬になり、春間近ですね。

当館では冬の企画展で漂着物をテーマにした「漂着物ものがたり」を開催しました。
この企画展は1月30日に無事に終了しました。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

実は、当館では漂着物の常設コーナーがあるのですが、今回の企画展を機に、展示物を入れ替えました!

a0262716_1451404.jpg

a0262716_1452412.jpg

a0262716_14521692.jpg


展示ケースは2つあり、右側に人工物(ロマン系と非ロマン系漂着物)、左側に自然物を並べました。
また、どちらのケースも一番下の段は砂浜を再現してみました。

a0262716_1454871.jpg


どうですか?
なかなか充実した展示に生まれ変わったと思います!

a0262716_14552577.jpg

これは、アオイガイの殻です。
とてもきれいですね。

a0262716_14561123.jpg

ココヤシ(ヤシの実)のしくみも、これでよく分かります!

a0262716_14565641.jpg

漂着ライターも並べてみるとカラフルです。

a0262716_14573368.jpg

海のごみについても紹介しています。
これは、砂浜に漂着した大量のプラスチック片です。

a0262716_14582491.jpg

かつては各地で使用されていた、漁業で使うガラス玉も展示しています。

a0262716_14592484.jpg

漂着したビンも、表面がすりガラス状になってとてもきれいです。

ここでは全てを紹介できませんが、ご来館の際はぜひご覧いただきたいと思います!
漂着物コーナーは、本館3階の標本コーナーの一角にあります。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2017-03-16 12:35

新たな引き出し

みなさん、こんにちは。

みなさんは姫水の新館2階にある引き出しを
開けてみたことはありますか?
開けてみると水生昆虫やカメなどについて
詳しくなれるんです。

そんな引き出し展示に
カメの甲羅の引き出しが2つ増えました!
そのうちの1つが…
a0262716_1874010.jpg

カメの甲羅に実際に触ることのできる引き出しです。
姫路の川や池に住んでいる3種類のカメの甲羅を
比べることで、違いやその大きさを知ることができます。
a0262716_1875318.jpg


もう一つの引き出しもご紹介したいのですが、
引き出しを開ける楽しみが減ってしまってはもったいないので
水族館に来てぜひ開けてみてください。
カメの甲羅の形について楽しく知ることができますよ♪

トクダ
by hcahimejiaqu | 2016-12-17 18:07

「漂着物ものがたり」非ロマン系編

皆さん、こんにちは。

12月に入りました。
当館では12月23日よりいよいよ「漂着物ものがたり」が開催されます。

さて、今回は前回のロマン系に続き、「漂着物ものがたり」シリーズの非ロマン系についてご紹介します。

非ロマン系の漂着物は、主に人工物です。
非ロマン系漂着物は、ときに生きものの命をおびやかす場合もあります。

a0262716_12502280.jpg


このように、発泡スチロールや海ごみで埋め尽くされた砂浜もあります。
これらの海ごみは、ウミガメや魚が餌と間違って食べてしまうことがあります。

a0262716_130547.jpg


これは、実際に保護したウミガメの排泄物から見つかった人工物です。
海に漂っていた海ごみを、餌と間違って食べていたのです。

また、最近特に問題になっているのは、細かいプラスチックの破片です。
「マイクロプラスチック」という言葉を最近よく耳にしますが、これは、大きさが5㎜以下の細かいプラスチック片のことをいいます。

また、レジンペレットも問題になっています。
直径数ミリの本当に小さなプラスチックで、プラスチック製品の原料となる樹脂製のものです。

a0262716_1329633.jpg


写真の中の白い丸いものがレジンペレットです。
本当に小さいですね。

これを、海鳥や魚たちが間違って食べてしまうのです。

そして、海ごみのもうひとつの問題は、「絡まり」です。
魚網やロープに生きものたちが絡まってしまうのです。

a0262716_13314653.jpg


これは、実際に打ち上がったアオウミガメの写真です。
前肢に釣り糸が何重にも絡まって、身動きできなくなっていました。
発見時はわずかに生きていたのですが、残念ながら次の日、死亡しました。

このような、非ロマン系漂着物の悲劇を防ぐにはどうしたらいいのか、私たちは考えないといけません。
漂着物を観察することで、このような深刻な問題について改めて知ることができるのです。

次回は、漂着する生きもの編、その次の最終回には砂浜の生態系についてご紹介したいと思います。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2016-12-07 10:00

外国からきた魚

みなさん、こんにちは003.gif

寒さが一層厳しくなってまいりました。
風邪を引かないよう気をつけなければいけませんね。

さて、今日紹介するのは・・・
a0262716_18274433.jpg
a0262716_18275242.jpg
ブルーギルという淡水魚です043.gif
バス釣りをしている方はご存知だと思いますが、この魚は北アメリカが原産の外来魚です。
近年、全国的に広がっており、兵庫県内の池や川にも多く生息しています。
肉食性で魚の卵を好んで摂餌するため、日本に昔からいた魚(在来種)に大きな影響を与えています008.gif
これ以上被害を拡大させないように、ブルーギルが採集されたら絶対に他の池や川に放してはいけませんね。
水族館では、新館2階の「外国から来た生きもの」コーナーに展示していますよ!

ヨシダ

by hcahimejiaqu | 2016-11-27 09:00

タカアシガニ

みなさんこんにちは。
今日はタカアシガニという
世界最大の節足動物をご紹介します。
a0262716_1835260.jpg

普段は日本近海の深海に生息していると言われていますが、
産卵期には水深30mくらいまで上がってくることもあるようです。
このタカアシガニは約30年前に姫水に来館し、
役目を終えてからは標本庫で眠っていました。

そこである飼育係がせっかくならばみなさんに
見てもらいたい!ということで、足の1本1本を組み立て、
色を塗って、時間をかけて丁寧に標本を作りあげたのです。

とっても大きくてかっこいいです。
本館3階の階段横に展示されています。
ぜひみなさん記念撮影してくださいね!

ちなみに個人的な感想ですが、
タカアシガニは見た目の素晴らしさだけでなく、
味もとってもおいしいのです。
みなさんも機会があればぜひ食べてみてください!

トクダ
by hcahimejiaqu | 2016-07-31 20:30

カテゴリ

全体
行事
海のいきもの
淡水のいきもの
ペンギン
カメ
ヌートリア
ビオトープ
飼育係のお仕事
ひめすいボランティア
水族館の秘密
両生類は虫類
今日の1枚
お知らせ
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

検索

最新の記事

ヤドカリ
at 2017-10-18 00:00
職員の神技!
at 2017-10-17 00:00
タコのくち
at 2017-10-15 00:00
お散歩日和
at 2017-10-13 00:00
ハロウィン
at 2017-10-13 00:00

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

動物園・水族館

画像一覧