飼育係が水族館の見どころを紹介します。


by hcahimejiaqu

画像一覧

アカウミガメの産卵調査

こんにちは。
梅雨が明け、すっかり夏一色です。

7月の中旬、私たちは徳島県の蒲生田海岸にアカウミガメの産卵調査に行って来ました!
この海岸はアカウミガメの産卵場として古くから知られていて、ウミガメ調査の発祥の地として世界的にも知られているところです。
当館では毎年この産卵地で調査を行っています。

かつては年間700回を超える産卵がありましたが、近年はさまざまな要因で産卵回数が減少しています。
全景はこんな感じです。

a0262716_16562221.jpg


当日はあいにくの悪天候で、夜はどしゃぶりの雨でした。
数日前の台風の影響か、流木が陸側深くまで流れ着いていました。

a0262716_16574263.jpg


私たちが調査を始める前日に残されたと思われる足跡も残っています。

a0262716_1659751.jpg


一般的に、ウミガメは天候に関係なく産卵のために上陸すると言われていますが、あまりにも天気が悪いので、ウミガメがやってくるのか心配でした。

ところが、初日の晩に、無事1頭のアカウミガメが上陸してきたのでした。

このカメはどしゃぶりの中、1時間以上も砂場を歩き産卵場所を探していましたが、残念ながら産卵せずに海に帰っていきました。カメにとって何か条件が欠けていたのでしょう。

a0262716_1724510.jpg


この個体には標識がなかったため、私たちは甲らの大きさを計測した後、四肢に標識を装着しました。

例年のウミガメ調査は、短期間の調査でなかなかウミガメに出会う機会が少ないのですが、産卵場の経年変化、産卵場の条件、砂浜環境の大切さを実感することは、私たち飼育員にとっても貴重な経験です。

また、野生のウミガメの営みを見て知ることで、その経験が当館でのウミガメ飼育に少しでも活かされることと思います。

来年はどれだけのウミガメがやってくるのか、早くも気になっています。

(タケダ)
by hcahimejiaqu | 2015-07-31 09:00 | 飼育係のお仕事

カテゴリ

全体
行事
海のいきもの
淡水のいきもの
ペンギン
カメ
ヌートリア
ビオトープ
飼育係のお仕事
ひめすいボランティア
水族館の秘密
両生類は虫類
今日の1枚
お知らせ
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-11-22 00:00
ヒイラギ展示しました
at 2017-11-19 00:00
里山の恵み
at 2017-11-18 00:00
不届きもの現る
at 2017-11-18 00:00
23日は入館無料!
at 2017-11-17 00:00

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

動物園・水族館

画像一覧